2014 genjimonogatari yukata






,晒し上がった生地を染め易いように2 反分を機械
に かけ、巻き取ります。


糊はもち米・海藻等を原料として柄によって使い分
けます


生地の上1mごとに型紙をおき、糊付けをします。
この作業を12回繰る返すと1反糊付けができます。



糊付けをした上から染料を注ぎ、下からコンプレッサ
ーで吸い取ります。



写真の様に色を差し分けて染める場合、色を分け
るところに糊で土手を作り染料が流れ出ないように
します。


糊で土手を作った中に差し分けて染める染料を注ぎ
それぞれコンプレッサーで吸い取ります。染料を注ぎ
込むことから注染という染の技法です。






染上がったゆかたを糊落としと上色を落とすため水
洗いをします。


洗いあがったゆかたを水から上げてたたみます。


たたみ上がったゆかたを天日干しにします。
自然に乾燥させることで風合いがソフトに仕上
がります。
※このホームページはフレームを使用しています。
  左側にメニューフレームが表示されていない方はこちらをクリックして下さい。